上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
昨日Bar-bのワークショップに参加しました。
今回はおかかずみ先生のピンタックワンピース。
繊細で清潔感のある可愛らしいデザインで
イノセントな雰囲気のあるMomokoやMisakiに
ぴったりなワンピースです。
そこにバービーをいかにねじ込むかが私の課題でした。
そもそもバービーにイノセントさなんてないので…
散々考えた挙げ句に今回はまさかの80年代をモデルに起用しました。

だいぶ前にご紹介したDream Date P.J.です。
ちなみに元々こんな姿でした。

Dream Date P.J.

さてどんな感じになったのか…
まずはこの日全員での集合写真。やはりMomokoが多いですね。
ピンタックやレースをふんだんに用いたデザインは
Momokoの独壇場かと思いきやバービーもちょこっと紛れてます。
下段の左3体がバービーです。(うち1体P.J.)頑張れバービー!!

0517WS集合

うちのP.J.はこんな感じに仕上がりました。

イメチェンPJ

どうでしょう?割といけませんか?
先日似たような雰囲気のワンピースで撮ったのを載せたので
そこから比べるとあまり変わり映えしないようですが
元の姿からするとかなり大幅なイメチェンではないでしょうか?
元のボディではもちろん入らないので、
ファッショニスタボディに替えて(若干肌色が合っていませんが…)
髪の毛の両サイドを縛り少女っぽさを出しました。
ステフィーフェイスの持つ幼さを活かせたかなと思っています。

イメチェンPJ2

リボンを変えてみました。こちらも結構いいかも。

ブライスにMomoko,Misakiにリカちゃんと
ドール界には様々な人形がいるのでワークショップでは
一見するとバービーの守備範囲にないような
雰囲気の服を作ることが多いのですが、
デフォルト服から一旦離れてヘアアレンジなどで
そのドールの新たな魅力を引き出す作業は
人形遊びの醍醐味の一つと言えるのではないでしょうか。

このP.J.は元々大好きな顔なのですが、
経年劣化で髪がベタついているのが気になるので
植毛し直すかウィッグにするかなどで解決できれば
もっと出番が増えそうです。
もうゆるふわイノセント系はアンタに任せた!!

デザートはショートケーキ

ちなみに今日のデザートは
参加メンバーにお誕生日の方がいたので
あまおうのショートケーキでした。
ママお手製のショートケーキはそんじょそこらのお店なんて
目じゃないくらいに美味しいのです。

おか先生は今回も親切丁寧に教えてくださいました。
パターンやピンタックの縫い方のコツなど
色々勉強になりました。
今回習った事を今後の作品に活かせるようにしたいと思います。



スポンサーサイト
先日の日曜日にBar-bで開催の
モモリータ先生のワークショップに参加しました。
今回はパネルラインのワンピース。
先生のパターンは仕上がりが違います。
私は今回持参したレースを使って仕上げました。
色合いが似ていたのでこの前作ったヘッドドレスを合わせて完成。

モモリータ先生WSパネルラインワンピ集合写真

これでも十分可愛かったのですが
合わせたヘッドドレスと同じモチーフを
肩部分に縫い付けました。

モモリータ先生WSパネルラインワンピ4

モデルは先月買ったばかりのCity Shine Barbie.
デフォルトのシルバーのドレスと雰囲気ががらりと変わって新鮮です。
画像には少ししか出ていないレギンスも形が良くて
さすがモモリータ先生です。
生地違いでいっぱい欲しくなりました。

モモリータ先生WSパネルラインワンピ3

モモリータ先生WSパネルラインワンピ2

雰囲気が変わるとはいえ結局ドヤ顔は変わりないのですが…



仕事の後にファミレスで
先日の本多先生の着物のワークショップの復習をしています。
記憶をたどりながらもう一度作業内容をメモ。
3月のコンベンションが終わったら
バビ友さんと復習お針子会をすることになりました。
その日のために資料を作っています。
明日はファッションショーの衣装作業と新商品の制作予定です。


日曜日にBar-bのワークショップに参加しました。
本多先生のヴィンテージ風の着物です。

ワークショップで着物を作ったのは初めてな上に
普段着物を仕立てたり着たりしないので
単純なようでなかなか難しかったです。
当初は着物と羽織のセットの予定でしたが
とても羽織まで間に合いませんでした(泣)
着付けもグダグダでこの体たらく…

本多先生着物WS

帯も後ろでピンで留めてあるだけで完成してません(悲)
ノー羽織の寂しさをキツネの襟巻きで紛らわす私。
こんなわけで宿題てんこ盛りで終わったのですが
とても勉強になりました。
今回お休みしたバビ友さんがいたので
復習がてらに一緒に作ろうかなと思っています。



本多先生のワークショップと順番が逆になってしまいましたが
先週の金曜日にモモリータ先生のワークショップにも参加しました。
残っていた細かい作業を今日自宅でやっと仕上げました。

20141107モモリータ先生WS

ベアトップワンピースとキツネの襟巻きのセット。

ワンコじゃないよキツネだよ

ワンピースはさておきキツネの襟巻きなんて作れるのか
正直不安でしたがなんとか形になりました。
キツネの頭部はまずお湯で柔らかくなるおゆまるで土台を作り、
土台に合わせて縫った伸縮性のあるベロア生地を被せて仕上げます。
本当にこんなアイデアよく思いつきますよね。
ちなみに顔が犬っぽいのは気のせいです。

襟巻きの下はかわいいベアトップワンピ。
肩ひもがこれまたかわいい。

肩ひもがかわいい

今回からバビ友のBibiさんも参加することになり
ここでは一人でバービーサイズを縫っていた私としては
かなり心強かったです。

似非アイドルユニット

ワークショップ当日、まだキツネはのっぺらぼうの状態で撮ったもの。
タイツも縫ってません。
なんか二人並ぶとなんかアイドルっぽい。
今度の撮影会でまた一緒に撮ろうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。