上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
先日の水曜日、Bar-Bの納品の後に
ワークショップでいつもお世話になっている
本多淑人先生の三人展の最終日に行ってきました。
今回は本多先生とアクセサリー作家のHalさん、造形作家の下平大輔さんの
3人による展示会。なんと太っ腹なところに撮影OKとのことでしたので
色々写真を撮らせていただきました。
入ってすぐに本多先生の作品、豪華なドレスや着物姿のジェニー達が。

本多先生のコーナー

先生のドレス作品は初めて目の前で拝見したのですが
本当に細かい所までよく出来ています。

スカーレットオハラジェニー

結髪も先生の手によるもの。あのちっさい頭にどうやって…
ジェニーの可愛らしさと雰囲気ぴったりの御引き摺りのお姫様です。

豪華な和装お姫様バービー

(先日の連休では先生の実演があったそうです。見たかった!!)

展示作品の一部は今から11年前に発行された
『ジェニーno.16 フランス人形風ドレス』に掲載されていたものです。
(残念ながらこちらは絶版です)

本多先生の超豪華ドレス

本多先生の宝塚風ドレス

私はこの本を持っているのですが、
いつも眺めるたびに『こんなの出来ないや〜』と
ため息をついていたあの超豪華作品群が今まさに目の前に!!
実に感慨深いものがあります。

こちらは35年前に放映されていたNHKの人形劇
『プリンプリン物語』の主人公プリンセス・プリンプリンの再現ドール。

プリンプリン物語の再現ドール

プリンプリン物語フリークの方がドールの顔を、
髪と衣装、アクセサリーを先生が担当されたそうです。靴も!!
当時ご覧になっていた方は懐かしいのではないでしょうか。

こちらは本多先生の着物にアクセサリー作家のHalさん作による
ボタンをあしらったコラボ作品。おしゃれです。
ボタンがおはじきにも見えて和洋折衷な可愛らしさ満点です。

本多先生とHalさんのコラボ

そしてこちらは造形作家の下平さん作のトルソーに
本多先生による薄いビニールのドレス!!

本多先生と下平さんのコラボ

他のドレス同様裏地(もちろんビニール)付きの本格的な仕立てです。

本多先生のビニールドレス

ビニールは針穴が残るのでほどく事が許されません。いわば一発勝負です。
プロフェッショナルの仕事をこんな間近で見られるなんて!!
風と雨の中来た甲斐がありました。

こちらはHalさんのコーナー。

Halさんのコーナー

アンティークの時計の針や歯車などの細かいパーツを使った
繊細なアクセサリーがとてもおしゃれです。
そもそもディスプレイから既におしゃれなんですよもう。
ご自身の作品の世界感の演出がとても上手な方だと思いました。
名刺もエアメールの封筒風の凝ったデザイン。
Halさんの発想のひとつひとつが勉強になりました。

そして下平さんのコーナー。

下平さんのコーナー

下平さんはもう使われなくなったネジや金属パーツなどの
ジャンクパーツを組み合わせて可動フィギュアなどの
作品を作っていらっしゃいます。
全てジャンクパーツで出来ているのが信じられないほどの
とても有機的でかっこいいフォルム。
しかも信じ難いのですがこのフィギュア達は可動ボディ。
一見ロボットっぽいのですが人間の骨格を意識して組み合わせているとあって
わーすごいな〜と感心して見ているうちに自我を持った生き物みたいに
見えて来るのが不思議。ここのフィギュア作品でアニメ作ったら絶対楽しい!!

会場は小さなスペースなのに充実した作品群でお腹いっぱいの展示会でした。
様々なジャンルの素晴らしい作品を一度に見ることが出来、
本多先生をはじめHalさん、下平さんから貴重なお話を伺うことが出来て
本当に良かったです。
本多先生、Halさん、下平さん本当にありがとうございました。


おまけ

こちらはなんとジェニーのさらに1/2サイズのコンパクトジェニーです。
本当に小さいんですよこれが。なのにこのドレス!!頭!!

1:6のさらに1:2

あまりの細かさに見ているだけで目眩が…
さすがにこれは無理でも
実は来年、結髪に挑戦してみたいと思ってます。


スポンサーサイト
|11/27| イベントコメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。