上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
オシャレパン屋さんで朝食を済ませた後はタクシーで
六角通にある甘味処『栖園』へ向かいました。
タクシーでの移動中に運転手さんと色々おしゃべり。
その運転手さん曰く、
京都駅周辺は目的地のお店の名や詳しい住所を伝えるより
碁盤の目の様に交差した通の名前を伝えた方が
(例えば『何々通と何々通の交差する所』)
タクシー運転手さんにはわかりやすいんだそうです。
確かにお店は沢山あるし
これだけ通が整然と並んでいる所なら納得です。
東京から来たことを話すと震災の影響を心配してくれました。

お店近くでタクシーを降り、迷うこと無く栖園に到着!!
入り口から漂う老舗オーラに期待が高まります。

栖園

早速店内に入り、かねてより食べてみたかった
琥珀流しとぜんざいのセットを注文します。
この琥珀流しというのは寒天に月毎に変わるシロップがかけられた
涼しげなお菓子。
5月は抹茶と小豆でした。

琥珀流しちゃん

と、ここに何やら曲者の影が!!

琥珀流しwithケン

実は今回の旅行には是非とも着物姿のバービーを連れて
色々な所で写真撮影をしたかったのですが、
旅行までに製作が間に合わない+2日間とも雨の予報の為
バービー同行を諦めました。
ただこのブログに何とか結びつけるための苦肉の策で選ばれたのが
まさかの80年代臭たっぷりのケン!!
老舗の風情をぶち壊して申し訳ございません。
代わりにこちらを…
(店内撮影はお店の方に許可をいただいています。)

栖園店内

こぢんまりとした店内は昔の名残はそのままに
とても落ち着いた空間になっています。

和菓子の意匠

店内の壁に飾られているのはどうやら和菓子のデザイン画の様です。
結構思い切った色使いに驚きました。

琥珀流しもぜんざいもとても美味しくいただきました。
ちゃんと甘いのに後味はさっぱり。
琥珀流しの抹茶のシロップはしっかり抹茶の苦みもきいていて
メリハリのある美味しさでした。
この琥珀流しはかき氷やアイスほど冷たくない分
体に優しそうで尚かつ見た目にも涼しげなので
夏のデザートに最適かと思います。
家でマネしてみようかな…


|05/30| 旅行コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://barbarayousou.blog101.fc2.com/tb.php/29-75cd18d8
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。