上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
少し間が空いてしまいましたが引き続き香港の旅行記です。

Avenue of starsを後にして
初香港スイーツを堪能。
人気スイーツ店の許留山で
マンゴースイーツの盛り合わせをいただきます。

マンゴースイーツ盛り合わせ

一度に三種類の味が楽しめるうれしい一皿。
ココナッツがたっぷりまぶされたマンゴーのお餅が
とても美味しかったです。

さて小腹が満たされたら今度はお買い物。
シャムスイポー(深水埗)駅周辺にある
生地やビーズ、手芸材料のお店が並ぶエリアです。

シャムスイポー周辺

日本でいうところの浅草橋と日暮里を足したような感じでしょうか。

ホテル周辺と比べると下町っぽい雰囲気がぐんとアップします。
早速手当たり次第にビーズ屋さんに入ってみます。
店内にはカラフルなビーズがびっしり!!
日本でもビーズ屋さんは沢山ありますが
やはり国が違うとがらりと変わります。
なんていうかこう…きゃりーぱみゅぱみゅを彷彿とさせる
キッチュさ満載の品揃え。
アクリルで出来たネズミやウサギのモチーフなど
まず日本ではお目にかかれない物が色々見つかります。

『おぉ〜』『ぅあ〜』店内で謎の歓声を上げる挙動不審の日本人と化した私。
一軒目でだいぶツボってスパンコールや蝶の形のビーズなどを
早速買ってしまいました。

他のアクセサリーパーツを扱うお店では
人生初のカタコト広東語で
『ニゴ、サップ、ニゴ、サップ…』(これ、10個、これ、10個)
と細かいパーツを買ってみました。
って店員のお兄さんは思いっきし英語で返してましたがね…
とりあえず異国の地で欲しい物を欲しい分だけ買えた喜びは
プライスレスなのです。

ビーズやアクセサリーパーツのお店が多いエリアを抜けると
今度は生地屋さんが数多く見られる様になってきます。
浅草橋から日暮里に様変わりです。
ただこのあたりの生地屋さんは
生地のサンプルがぎっしり並んでいるだけで
肝心の商品が見当たりません。

シャムスイポーの生地屋さん

それもそのはず、お店でサンプルから欲しい生地を選んだら
お店の人にオーダーして香港の近くにある深圳の倉庫から
数日かけて取り寄せてもらうシステムなんだそうです。
という訳で色々ややこしそうなので
今回は軽く流し見する程度にとどめておき、
買うのはスルーしました。
(そもそも広東語出来ませんからねぇ…)

歩き疲れて再び香港スイーツで一休み。
ここは海記合桃坊甜品というお店。
テーブルとバービーの髪が一体化してすごいことになってますが
そこは目をつぶってやってください。

香港スイーツ第二弾

ここではぽくぽくした食感が美味しい蓮の実が
ゴロゴロ乗っかった牛乳プリンと
これまたくるみどっさりのお汁粉をいただきました。
どちらもやさしいお味でほっとします。
もうちょっと甘くても良いかもと思うくらい。
香港スイーツは甘さが控えめな上に
素材がヘルシー感たっぷりのものが多いですね。
そういや台湾も似た感じ。
日本にもこういうお店があるといいなぁ…

この後はホテルに帰って一休み。
夜に再び外出し夕飯の後で香港の夜景が音響と共に派手に輝く
シンフォニーオブライツを残念なポイントで見ました。
やってるなというのが辛うじてわかる程度で見ると
非常にしょっぱい気持ちになります。
これは場所選びが肝心だということを知った
香港一日目の夜はこうして更けて行くのでした。


|08/29| 旅行コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://barbarayousou.blog101.fc2.com/tb.php/296-eb9af4ea
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。