上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
昨日まで岩手に帰省していたのですが
今回曾祖母の形見のミシンを大叔父より譲り受けました。

あさひ號

一緒に保存されていた取り扱い説明書には
『あさひ號(ごう)』という商品名と
恐らく曾祖父が書いたであろう昭14.5.8との記載が…

あさひ號取説

昭和14年製造ということはこのあさひ號は御歳75歳。
今調べたらムッシュかまやつと同い年だそうです。色んな意味でびっくり。
しかも太平洋戦争開戦前…
戦時中は空襲警報を受けて当時女学生だった祖母が
赤子だった大叔母のおむつを持って逃げたという話を
以前聞いたことがあったのでそれを思うとよくぞ残っていたと思います。
ちゃんとケースも残っています。
そんなに使っていなかったのかもしれません。


このミシンの持ち主の曾祖母は
帰省先の祖母の実母にあたる人で
おだんご頭で割烹着姿という典型的な見た目のおばあちゃんでした。
祖母の家の近所に曾祖父母の家があり、
母が子供だったとき、祖母と喧嘩した時の家出先は
曾祖父母の家だったそうで私はそれをとても羨ましく思っていました。
曾孫の私や妹、従兄弟達は
曾祖父母を大きいおじいちゃん、大きいおばあちゃんと呼び慕い、
曾祖父母も曾孫の私達をとても可愛がってくれました。
子供の時はその名の通りとても大きく見えた曾祖母でしたが
曾孫達の成長と反比例するように曾祖母が小さくなっていくのを
寂しく感じた覚えがあります。
曾祖父が亡くなったのをきっかけにだいぶ弱々しくなりましたが
それでも99年の天寿を全うしました。

私の記憶にある曾祖母はあまり洋裁をするイメージは無かったので
数年前にこのミシンの存在を知った時は正直驚きました。
(曾祖母の母は洋裁をしていたらしいのですが)
曾祖母が亡くなってだいぶ経ちますが
今でもほぼ毎年墓参りには行っていますし、
ことあるごとに曾祖母のことを思い出します。

細々したかわいい物や花が大好きだった曾祖母。
バービー遊びに興じる私は確実にこの人の血を引いていることを
良くも悪くも実感する毎日ですが
このミシンの2代目持ち主として洋裁をがんばろうと思います。



|08/12| その他コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://barbarayousou.blog101.fc2.com/tb.php/418-9abaf05e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。