上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
先日の金曜日にモモリータ先生、日曜日に本多先生、と
ワークショップを立て続けに参加してきました。
モモリータ先生はジッパー付きのジャンパー。

30140905モモリータ先生WS

両玉縁のポケットも付いてとても本格的。
それでもモモリータ先生はわかりやすく丁寧に説明し、
本格的な大作であろうと全員を完成に導いてくださります。
完成させたそばからかわいい!!と歓声が上がっていました。
モモリータ先生のワークショップで作った服はその後も出番が多いです。
おしゃれでかわいくて本格的な作りだから、自ずとそうなるんですよね。
私はデフォルトの服そっちのけでしょっちゅう着せてます。

本多先生はヴィンテージ風のジャケット、スカート、
ビスチェと帽子の4点セット。

20140907本多先生WS

このセットを作るにあたり先生はヴィンテージの衣装を実際にほどいて
パターンや作り方を研究されたそうです。
大量生産とクオリティの高さの両方を要求されていた
ヴィンテージ時代の衣装のパターンや縫い方は実に工夫がされていました。
パターンだけ見ても作れなかったと思います。
本当に一度にこれ全部縫うのかいと一瞬ビビりましたが
先生の楽しいお話を聞きながら必死にやっていたら出来上がりました。
(参加者の方々の実にナイスな差し入れのおかげという説も…)
先生の語り口は関西の人のような頭の回転の速さを彷彿とさせます。
寝不足だった筈なのに全然眠くなる暇が無いくらいに笑いました。
しかし先生のご出身は東京なところがまた面白い…

立て続けに大先生のワークショップに参加してつくづく実感したのは
ただ作る技術だけでは先生は出来ないということ。んなもん当たり前ですが。
魅力的なお題は言うまでもありませんが
教え方や手伝い方、誰にでも縫えるコツ、わかりやすく伝える工夫など
所々に先生方の努力や工夫が見えてそれもまたいい勉強になりました。


おまけ

『わ〜、大人っぽくてステキ〜!!』
『そのジャンパーもとても可愛いじゃない』
両者『…ここまで本当に長かった…』

いいじゃん

互いの苦労を労う服難民の夜明けの図。



|09/09| イベントコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://barbarayousou.blog101.fc2.com/tb.php/433-95ba91bf
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。